エアブラシで使用出来る塗料の種類

エアブラシの塗料について エアブラシ塗料のお役立ち情報

今日はエアブラシで使用出来る塗料の種類についてお話しようと思います。

エアブラシは塗料を噴霧する道具で、塗料の通路であるノズル部分は非常に狭い為、粘度の高い塗料は噴霧出来ません。なのでエアブラシで使用出来る塗料は限られてしまいます。ここではエアブラシで使用出来るさまざまな種類の塗料を説明したいと思います。

塗料の構成

塗料の種類を説明する前に、塗料の構成を説明します。塗料は主に顔料、樹脂、添加剤、溶剤の4つで構成されています。

  1. 顔料→色を構成する物質
  2. 樹脂→塗膜を形成し、顔料を定着させる接着剤の様な役割
  3. 添加剤→顔料沈降防止などさまざまな塗料性能を向上させる物
  4. 溶剤→塗料を希釈する希釈剤、乾くと塗膜には残りません。一般的にシンナーなど

この4つの成分の中でも、主に何の樹脂が入っているかによって塗料の種類や性能が分かれます。

エアブラシの塗料の種類

塗料は何の樹脂が入っているかによって種類や性能が分かれます。塗料の樹脂は使用用途によってさまざまな物があり、すべてをここでは説明出来ませんが、一般的にエアブラシで使用されている樹脂は下記となります。

  1. アクリル系塗料
  2. ウレタン系塗料
  3. ラッカー系塗料

アクリル系塗料

アクリル系塗料はさまざまな用途に使用されていますが、エアブラシでは主にカラーインクや絵の具などに使用されています。アクリル樹脂は安価で、樹脂の透明度が高く、顔料の発色に優れています。色数の種類も非常に豊富で、作品を仕上げる上で必要な顔料はすべて揃っています。また、エアブラシで使用されているアクリル系塗料の溶剤は水です。水で希釈や洗浄が出来て、扱いがとても簡単です。ただし、かなり希釈しないとノズルが詰まったり、エアブラシでは細かい作業が若干苦手です。

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料もさまざまな使用用途があり、外壁、車両、家具などあらゆる物に塗装されています。ウレタン塗料の特徴は対候性、密着性、艶があり外観の良さなどがあります。粘度を希釈剤によって調整出来ますので、エアブラシでは非常に繊細な作業が可能です。

ウレタン塗料の中にもさらに沢山の種類がありますが、大きく分けると1液タイプと2液タイプに分かれます。2液タイプは硬化剤を混ぜて使用し、1液タイプはそのまま使用します。2液タイプは1液タイプよりも強靭な塗膜を形成します。ただ、エアブラシで使用する場合エアブラシのノズル部分が精密に作られている為、2液タイプの使用は控えた方が良いです。2液タイプは硬化剤を使用する為、硬化するとエアブラシの中で塗料が固まって掃除が困難になります。2液タイプを使用するなら、かなり丹念に掃除をする必要があります。

ウレタン塗料は圧倒的にシンナーで希釈する油性塗料がメインでしたが、最近は環境保全の為に水性塗料も出てきました。Brusherアクアも水性ウレタン塗料です。水性はメンテナンスがとても簡単で、エアブラシを水道で洗う事も出来ます。

水性は油性に比べてメンテナンスの扱い易さや、作業場の匂いに大きな利点があります。また、エアブラシの繊細操作性も水性の方がやや上です。油性のメリットは塗装後すぐに乾くので作業性は油性の方に分があります。また水性ウレタンは高価なので、広い面を塗装する時は油性にコスト的なメリットがあります。

ラッカー系塗料

ラッカー系塗料はアクリルやウレタンが登場する以前からあった、かなり古い塗料です。登場当時は車両などに塗装されていましたが、現在はウレタン塗料などに置き換わっています。ラッカー塗料は扱いが容易で安価である為プラモデルや缶スプレーなどで使用されています。また日本のエアブラシアーチストはラッカー塗料を使用している方が多いです。エアブラシの繊細操作性が良い、安価である事、メンテナンスがし易く扱いが楽な事が挙げられます。ただし対候性、発色、耐補修性は良くありません。ラッカーで塗装されている上に塗装をすると、塗膜がチジレを起こしたりと問題がある事があります。

2液タイプの物はありませんが、油性と水性どちらでもあります。エアブラシで使用している方は油性を使用している方が多いです。

まとめ

エアブラシで使用出来る塗料は、アクリル系、ウレタン系、ラッカー系と3つの種類がありましたね。それぞれの使用用途によって最適な物を選んで下さいね!

この記事を書いた人

エアブラシアーチストのChuutaです。
日本各地でエアブラシ教室を開催していましたが、現在コロナの影響でエアブラシオンラインスクールに力を注いでいます!

Chuutaをフォローする
エアブラシ塗料のお役立ち情報
エアブラシ専用水性ウレタン塗料Brusherアクア

コメント